秋の善光寺さま
2017 / 11 / 29 ( Wed ) 11:54:18
『そんじゅですぅ
23日ボクと りとむ♪くんがお供で善光寺さまに

秋の善光寺さま

行ってきたよ
ボクと りとむ♪くんは、善光寺さま担当みたいになっているような気がするなぁ

本堂

まずは、本堂でお参りして

平成26年7月から修復工事をしてた、
国の重要文化財【経蔵】が工事が終わり、
9月から拝観できるようになったから

経蔵

経蔵を見てきたよ
中には、仏教経典を網羅した【一切経】が収められている【輪蔵】があって、
輪蔵の腕木を押し廻すことで一切経を、
すべて読んだと同じ功徳を得られると云われているんだって

僕たちも輪蔵おしたよ

ボクたちも、押し廻してきたんだぁ
動き出すまでは、すっごく重いんだけど、
動き始めると少しの力で廻せるんだよ

経蔵は約9年振りに拝観できるようになったらしいよ。

経蔵修理竣工記念御朱印

経蔵修理竣工記念御朱印

久しぶりに

歴代回向柱納所と爪彫如来

歴代回向柱納所と爪彫如来へも行ってきたよ
爪彫如来は、阿弥陀如来と伝えられていて、
古来より眼の病を救ってくれるということで、
にーしゅ「これ以上老眼がすすみませんように」ってお願いしてたけど・・・
老眼って病じゃないよね

そして、一度は拝観しなきゃと思っていた山門。
夏に来た時に本堂側の回廊にも人が出ていて、
調べたら、夏の期間限定だったらしいんだけど・・・
確認したら、「継続して欲しい」という声が多く、
10月1日から通年回廊をぐるりと回れることになったんだって

山門の中は撮影禁止、外の風景だけ

山門は、2002年10月~2007年12月にかけ大規模な修復工事が行われ、
約40年にわたって中断されていた二階への登楼参拝を、
2008年から再開したんだって。

傾斜60°の階段を注意しながら上り楼上へ。
内部には山門本尊の文殊菩薩像。
その四方を守護する四天王像。
色鮮やかに修復された仏間の障壁画。
そして、四国八十八ヶ所霊場御分身仏を見ることができるんだ

回廊へ出てパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

山門回廊から1

いつもボクたちも、あの人たちみたいに見上げてたんだな~
おとさん

手を振るおとさん

参道を歩いている人たちにてを振ってたよ

いつも、山門と本堂のお写真を撮ってる

山門回廊2

放生池の橋と大勘進本堂

山門回廊3

護摩堂
七五三の特別護摩祈願は、今月いっぱいなんだって。

さっき拝観してきた

経蔵も

経蔵

建立以来初なんだよ

よく見えるんだー

回廊を巡ることができるようになったのは

下から、見上げる本堂とは違って、

通年回廊巡りできるようになったよ

迫力あるね

名残惜しいけど山門を後にして、
山門から眺めた

放生池の秋
放生池に来たよ
来年こそは、満開の蓮の花が見たいね

どんよりしてたけど、

もみじ

青空も出てきたよ
もみじは、やっぱり青空の下がいいね

11月・12月限定御朱印

11月・12月限定御朱印

昨年も、11月に限定御朱印いただいてたね~
今回「日付入れはできません」って言われちゃった



ランキングに参加してますぅ。ポチっとお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:お出かけ日記 - ジャンル:日記

おでかけ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<信州蕎麦の草笛 * HOME * もみじ谷ライトアップ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://niche1wanko.blog107.fc2.com/tb.php/1571-28deed8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *